FC2ブログ
不動産オーナー物件サポート!ブログ
株式会社カナジュウ・コーポレーションLLCソリューションチームのブログです。不動産オーナー様に様々なサービスを提案します。
プロフィール

llcsolution

Author:llcsolution
神奈川の賃貸経営サポートはカナジュウにお任せ!賃貸物件の空室対策などお困りごとご相談下さい。TEL045-301-5111

KANAJUリンク

最新記事

カナジュウブログ

最新コメント

最新トラックバック

アクセス解析

結婚情報

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山第4段☆
こんにちは148です

本年もどうぞよろしくお願いいたします

富士登山ブログを楽しみにして下さっていた方、
なかなかアップできず本当にすみませんでした

富士登山第4段☆をお伝えします

山小屋で軽く夕食をとり早々と仮眠・・
山小屋はそれぞれ個性があるようですが
私たちの泊ったところは、お布団ではなく寝袋でした。
通路に頭を向け2列にずらーっと寝袋が並んでいます。
隣の寝袋との隙は全く無い状況でした。
私は「お布団のほうがいいなー」と思っていましたが
「布団のところは悲惨だぞ~」と話している方がいました。
寝相が悪い方や自分のかける布団が取られてしまう
といった事態になるようです・・・
なるほど ですね 寝袋で良かった

50人以上が、狭い屋根裏部屋で眠っています 。
あちこちからイビキや寝言が聞こえてくる中、
眠る事に神経質な妹は眠る事が出来ず・・・
そし高山病の症状はあまり良くならず・・・

一方、眠る事に無神経な私たちは短時間でしたがぐっすり・・・

ふと目覚めると、隣で眠っていた妹の姿が無く
あわてて2階から1階へ降りて行くと 、玄関で妹に会い
外の空気を吸って、山小屋の方と「この後どうしたらよいか」
話をしていたとの事 。

具合が良くなることもあるから朝まで待ってみて、
具合が良くならなければ、無理をせず下山も考えて・・・
との事でした。

そのあと、2人で寝袋へ戻り2時間位仮眠、
この2時間妹はぐっすり眠れたようで
起きると少し元気になっていました。

結局、ゆっくり登って行こうということになりました。
(変わらず、私のペースでってところですね
12時出発のツアー客を避けるため、
2時頃山小屋の方が起こしてくれました
ここからは真夏でもとても寒くなるので
スノーウエア手袋ネックウォーマーなど、
しっかり防寒対策をして登って行きました。

こんな岩場もあります。
頭や首にライトを着け、両手をフリーにして登ります
DSCN0544_convert_20130105111655.jpg 
30分歩き5分休み、といったペースでゆっくりと登って行きました。
この日は運よく、事前に聞いていた「渋滞」もありませんでした

3時間近くあるいたでしょうか・・・
斜面には沢山の人が日の出を待っています。
やっとゴールが見えてきました。
鳥居が見えた瞬間、達成感と感動で涙ぐんだほどです 。
DSCN0559_convert_20130105111737.jpg 
ここからだいぶ空が明るくなってきたので、日の出に間に合うよう
あせりながら登りました

すでに到着している人たちの隙間から
日の出が良く見えるポイントを探します。

間に合いました日の出の瞬間です
DSCN0540_convert_20130105111359.jpg
DSCN0543_convert_20130105111554.jpg
DSCN0542_convert_20130105111452.jpg
PAP_0049_convert_20130105112746.jpg
DSCN0567_convert_20130105111824.jpg 
薄い雲の上からでしたがとても美しい御来光でした

叫んでいる人、拍手をする人、涙する人、万歳する人
記念撮影をする人、ハグし合う人、
それぞれ、思い思いに日の出を喜んでいました。

ひとしきり日の出を喜び、写真を撮った後は
山小屋でいただいたお弁当(この日はお稲荷さんとしゅうまいでした)
ともってきたカップラーメンで朝ごはん 。
標高が高いのと、母から借りた年季の入ったバーナーのせいで
お湯になるまでかなり時間がかかりました 。

本当はお鉢めぐりをして、剣ヶ峰で写真撮影と
山頂郵便局から母と子供に手紙も出したかったのですが 、
時間と帰りの体力を考え今回はそのまま下山しました 。

下山道はこんな感じです
DSCN0596_convert_20130105111915.jpg 
筋肉痛の足に下り坂はきつく、またまた周りの人に比べて
ゆっくりのペースで下りました
4時間位かけて下ったような気がします。

下山の途中には「足が痛くて歩けなくなった人」
(この人は途中からお馬さんに乗っていました。)
「体力が消耗してふらふらになり、
2人がかりで支えられて降りていく人」
もいました。
こんな私が無事に登ってこられたのは奇跡かも

「子供の6年生の記念に富士山に登らせたい」
とパパが言いださなければ
私は一生富士登山なんてしなかったでしょう。

登山の経験がほとんど無い私にとって、今回の経験は
世界観をかえるほど、とても貴重な物となりました。
本当に「登って良かったなー」と思います。
「富士山は健康なら誰でも登れる山」だそうです。
興味のある方は、しっかり計画をして
ぜひ行かれてみて下さい。

今年6年生になるお姉ちゃんの練習の為 、
暖かくなったら高尾山や大山に登ろうと計画しています。
ブログにもアップできたら・・・と思っております。

以上で富士登山のブログを終了します 。
毎回見ていただいた方々ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 賃貸住宅・賃貸物件へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。